支援事例

支援事例.1(A社のケース)

支援事例.1(A社のケース)

A社は、モバイルSI事業を主力事業として展開。2006年にリードVCとして出資。

A社の経営課題

・成長性、収益性が限定される受託開発モデルからの脱却
・営業体制の整備と顧客ネットワークの構築
・IPOへ向けた内部管理体制の整備

SBIインベストメントによる支援策

・積極的な営業支援、民法キー局とのアライアンス構築
・新規事業の立ち上げに向けた業界調査、開発会社の紹介
・常勤のIPO準備室長をSBIインベストメントから派遣

その後、新規事業の立ち上げに成功し、収益性が大幅に改善。内部管理体制も整備され、2011年にIPOを果たした。

支援事例.2(B社のケース)

支援事例.2(B社のケース)

B社は、眼科領域の創薬開発ベンチャー。
2004年にリードVCとして出資。

B社の経営課題

・内部管理体制、コーポレート・ガバナンスの脆弱性
・継続的な資金調達
・大手製薬企業との提携の実現

SBIインベストメントによる支援策

・非常勤役員を派遣し、内部管理体制、ガバナンス強化を実施
・資本政策の策定、資金調達アレンジを実施
・出資後、複数の製薬企業にB社パイプラインを紹介

その後、数十億規模の資金調達に成功するとともに、大手製薬企業との資本業務提携も達成し、2014年にIPOを果たした。

ページ上部へ↑