投資方針・投資プロセス

投資方針

投資方針として、以下の点を基準の一つとしています。

単に「儲かれば良い」ではなく「事業のもとは徳なり」と、きちんと認識できる人であるか 企業は社会的な存在で、社会の中で初めて存続でき、したがって、社会の維持発展に貢献しないといけないという基本認識をもっているかどうか

その他、以下の3点がポイントになります。

1. 企業を健全に成長させることの出来る資質を持った経営者が経営する企業
2. 高い技術力もしくは独創的アイディアを有するなど、中長期にわたり競争優位性を維持しうる企業
3. SBIグループが有する経営資源の活用により企業価値を向上させ、ベンチャーキャピタルファンドの運用成績に貢献しうる企業

投資プロセス

投資審査は下記のようなステップで判断を行います。

投資デューデリジェンスの手続き

ページ上部へ↑